コネクタ端子挿入不良検査用冶具 「検査冶具ATシリーズ」
「検査冶具ATシリーズ」は、標準化されているため経済的で、しかも、機構精度が高く、高耐久力を誇ります。また、接触部は信頼性の高い「SKプローブ」を採用しています。もちろん標準品なので、短納期、低価格で手軽に、経済的にご利用できます。

アタッカー 「AT-001」
どこでも簡単にでき、軽快で疲労を感じないハンディタイプ。

■特長
●ハンディタイプのコネクタ端子挿入不良検査用具
●携帯性に優れ、使いやすいコンパクト設計
●良品、不良品をLED及びブザーですばやく発見できる信頼性の高い設計
●コネクタの端子に、アタッカーのプランジャーを押し当てるだけの簡単操作
●コネクタの端子形状に合わせてプローブピンの差し替えが自在

■診断項目
●端子抜け ●端子位置ずれ ●端子欠落
■標準品(カートリッジ)

S-302-20、S-303-20、S-305-10、各1本添付しています。
※他の形状およびスプリング圧力については 、スイッチ付プローブの30シリーズをお選びください。
コネクタ用ブロックヘッド
■特長
●コネクタの端子不良を発見すると同時に導通の確認が可能
●検査ボードに取付、各端末からの配線は検査ボードの裏側に設置するため、上面はシンプル。ハーネスチェッカーと接続して使用
●プローブピンのスプリング圧は1,000g・2,000gです。
●コネクタの形状が比較的大きく、ピンの数が多い場合は「AT-011」をご使用ください。

■用途
●中継コネクタ
FPC用ブロックヘッド
■特長
●ファインピッチの接触に最適
●小型で軽量なので、どこでも簡単に取付可能
●つまみの回転によりロックされて。プローブピンが接触
●ピンの数が多い場合は、「AT-051」をご使用ください。

■用途
●フレキシブルプリント回路基板
●フラットケーブル・リボンケーブル導体
クリップヘッド
■特長
●ファインピッチプリント回路基板、薄型コネクタの接触に最適。
●嵌合は簡単なワンタッチ作業。
●クリップ式で挟むとプローブピンが接触。
●作業台へ取り付ける場合は、「AT-041」をご使用ください。

■用途
●フレキシブルプリント回路基板
●プリント回路基板用コネクタ
●フラットケーブル・リボンケーブル導体
クリップイン
■特長
●ワイヤーハーネスのクリップバンドの有無を確認するホルダー
●クリップインと本体(表示装置)と接続することで、自己保持回路が作動
●LEDの点灯により、簡単に確認可能

■用途
●クリップバンドの検知
※クリップ式の治具は特注で承ります。
検査マーカー
■特長
●検査品が正常の場合のみ、回路が作動(回路基板は別途注文)
●検査済、未検査の区別を明確に実行
●マークの交換は自由
●取付位置とマーク位置を自由に組み合わせることが可能

■用途
●検査品のマーク
検査治具の実例


Copyright © · 株式会社エスケイ工機 ·